製品情報

バイオベース化学物質生産のための合成バイオテクノロジープラットフォーム【バイオテクノロジー】

Posted on 2021/11/18



製品名:Production of bio-based chemicals by the technology platform of synthetic biology
    バイオベース化学物質生産のための合成バイオテクノロジープラットフォーム
    合成生物技術平台生産生物基化學品
大学名: Feng Chia University (FCU)
    逢甲大学 趙雲鵬教授チーム
■分類:バイオテクノロジー
製品紹介:
■特徴:発酵は再生可能資源を変換して、高収率、変換率、生産性を備えたバイオベースの製品を合成。
The fermentative conversion of renewable resources into bio-based products with high titer, conversion yield, and productivity
---
■解説
 大腸菌プロデューサー株は、代謝経路と代謝進化の再プログラミングによって開発された。この菌株の発酵性能を実証するために、生産菌株は D-乳酸合成経路を構築。発酵プロセスの開発を通じて、生産菌株は高収率、変換率、生産率の D-乳酸の生産がもたらされる。
 その間に、生産株は、その所望の特性を達成するために遺伝子改変されており、それは効率的な方法で -ケトグルタル酸の発酵生産をもたらす。一般に、生産菌株に基づいて開発された生産プラットフォームは、バイオベースの化学物質を高効率な生産を可能にする。
The Escherichia coli producer strain was developed by reprogramming of metabolic pathways and metabolic evolution. To illustrate the fermentation performance, the producer strain was equipped with the synthetic pathway of D-lactate.
The development of the fermentation process gives rise to the D-lactate production with high titer, conversion yield, and productivity.
In the meantime, the producer strain was genetically modified for the desired trait. It results in the fermentation production of - ketoglutarate in an efficient way. Overall, the developed production platform based on the producer strain enables efficient production of bio-based chemicals.
※参考資料
中華民國專利(特許) I481711;
大陸專利(特許) ZL 201410075051.0.
Biotechnology for Biofuels. 2019, 12:273.




Back