製品情報

化学的に磁気に変換カーボンナノファイバーとその産業用途【環境/SDGs/グリーンエネルギー】

Posted on 2021/10/14



製品名:Sustainable development of CO2: chemically converted to magnetic
    carbon nanofibers and their industrial applications
    化学的に磁気に変換カーボンナノファイバーとその産業用途
    二氧化碳的永續發展:化學轉換為磁性碳纖維材料與其應用
大学名:Chang Gung University(CGU)
    長庚大学 陳敬勳教授研究室 / 呉弘麒、呉家煌、陳彦竹、邱凱琳
■分類:環境/SDGs/グリーンエネルギー
■特徴
 これは磁性ナノ材料を使用して二酸化炭素を炭素繊維チューブに変換する技術。二酸化炭素の凝固効果を実現し、製造された磁性ナノ炭素繊維チューブは、次のような目的または用途で使うことができる。
1.石油化学プラントの CO2 削減
2.生成された磁性炭素材料は、廃水中の有機物や重金属汚染物質の迅速な回収に使用可能
3.生成された磁性炭素材料は、タンパク質分離技術のための生物医学材料として活用が可能
4.生成された磁性炭素材料は燃焼して熱を発生させることができ、磁性金属はリサイクルして二酸化炭素に再利用して炭素を堆積させることができる
■解説
1.二酸化炭素の固体炭素への変換率は 14%に達する。
二酸化炭素資源の回収率は高く、一酸化炭素やメタンなどの他の製品や他の目的にリサイクルできます。
2.生成された炭素堆積物は、再利用または固体炭素の形で保管可能。
二酸化炭素を吸着するための吸着剤を使用すると地質学的保管を行う場合と比較して、安全性が高くなくなる。
3.使用する金属ニッケル触媒は安価で、反応条件は比較的容易
4.水素の有効利用、製油所の水素生産能力は供給過剰
5.ニッケル金属の磁気特性により、ニッケル金属と組み合わせたナノカーボンファイバーチューブ新しい磁性炭素材料として活用が可能。




Back