製品情報

都市型焼却炉フライアッシュを溶かすための効率のよい処理方法【環境 & エネルギー】

Posted on 2021/10/13



製品名:A method of melting incinerator fly ashes
    都市型焼却炉フライアッシュを溶かすための効率のよい処理方法
    處理焚化飛灰及其他廢棄物之方法
大学名:Tunghai University
    東海大学 環境科學與工程系 魏玉麟 終身特聘教授
■特徴
 焼却フライアッシュ等の廃棄物を処理する方法であり、少なくとも1つの添加剤と廃棄物を使用して、800〜1100℃の温度で溶融反応を行い、溶融生成物を得る。
---
■解説
 「都市型焼却炉フライアッシュ」を溶かすための経済的かつ技術的に実現可能な方法を開発。将来的には地盤工学的砂利として回収できる。開発された方法は、重金属の毒性特性浸出手順(TCLP)の法的基準に合格しながら、IFA を建設資材にリサイクルするための経済的および技術的に実現可能な方法を示している。
 理論的には、フライアッシュと都市の焼却炉のさまざまな廃棄物の混合物を溶かすための電力需要は非常に手頃な価格であると計算され、約 1,690 kWh /トン IFA(約 7,000 NT $ /トン IFA)に相当。今後のさらなる研究でより正確に検証される予定。これはプラズマ法よりもかなり低く、台湾環境保護局(EPA)の予算が、現在 1 トンの IFA の処理に 27,000NT $を費やしていることは注目に値する。
 The developed method is to melt down incinerator fly ashes (IFA) at 800-1100 OC by adding proper additives that are taken from other waste sources.
The developed method presents an economically and technically feasible method to recycle IFA into construction materials while passing toxicity characteristic leaching procedure (TCLP) legal standards for heavy metals. Electricity demand for the melting of mixtures of IFA and various wastes is calculated (to be more accurately verified in our recent/further research) to be quite affordable, approximately represents 1,690 kWh/per ton IFA (ca. 7,000 NT$/per ton IFA), which is considerably lower than plasma method. It is notable that Taiwan Environmental Protection Administration (EPA) budget is currently spending 27,000 NT$ for treating one ton IFA.




Back