2013/08/27

Foxconn、2013年2Qは10%以上の増収

Foxconn Electronicsは2013年2Qの業績を発表した。それによると、2Qの連結売上高はNT$8956億(約2兆6868億円)となり、前四半期比10.7%増となった。粗利益率は0.12%上昇し5.8%となり、純利益はNT$169.8億(約509.4億円)に達し、EPSはNT$1.30となった。また、今年上半期の連結売上高はNT$1.7 兆(約5.1兆円)にとどまり、前年同期比9.9%減となった。しかしながら、連結粗利益率は5.74%となり、純利益も前年同期比20%以上増のNT$333.3億 (約999.9億円)となり、EPSも前年同期のNT$2.34からNT$2.56に上昇した。証券会社筋によれば、Appleの新iPhone、iPad、iPadは9月にリリースされる予定であり、Foxconnの売上高も下半期には四半期毎に増加すると予想され、粗利益率と純利益も上昇するという。 (130819/BOC)

コメントを投稿