2013/08/20

TFT-LCDパネルメーカHannStar Display、7月の業績を発表

台湾のTFT-LCDパネルメーカであるHannsTar Displyaによると、同社は7月に小型から大型サイズのパネル2,788万9,000台出荷した。ただ、この結果は対前月比2.3%減であり、77,000枚のパネルがLCDモニタと自社ブランドとして出荷され、16.7%増であった。 同社の発表によると、7月の連結売上高は、対前月比5.33%減、対前年比11.32%減のNT$27億8,900万(91億1,405万円)となった。1~7月の累計連結売上高は、対前年比5.92%減のNT$195億3,200万(683億3,057万円)となった。同社は、103 OGS (one glass solution) ボンディングマシンを子会社であるHanns Touch Solutionから総額NT$3億3,108万(10億8,157万円)で購入し、この装置は東部中国の子会社で使用される。 (130815/BOC)

コメントを投稿