2013/08/13

Foxconnと QuantaがAppleのオーダを獲得

JP Morgan証券によれば、Appleは、サプライチェンの分散戦略を続けている。戦略に基づき、 iPad mini 2製品は最大の変化があり、QuantaはHon Hai より多くのオーダを獲得し、Appleにとって2番目に大きいOEMパートナーとなった。しかしながら、Quantaはこのリポートに関するコメントを拒否している。証券会社筋によれば、iPad、iPad mini、iPhone、廉価版iPhone等の製品に関するAppleのサプライチェンの分散戦略の最近の調査において、調査会社も、第1世代の iPad miniは Pegatronが最大のOEMメーカでありサプライチェンであったが、iPad mini 2ではHon Haiが主要OEMメーカとなり、Quantaは何らの通知もなく Appleのサプライチェンに加わったことを発見したという。言い換えれば、 Pegatronは iPad mini 2のオーダを失う恐れがある。

コメントを投稿