2013/08/09

台北市政府、ITメーカの助成のため新しい展示会を開催

台北市政府は、ASUS、Epson、Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industryの子会社)と協業して、2010 Taipei International Flora Expositionに使用するため建築された展示会場のPavilion of Dreamsを改築し、2013年8月初めから2014年8月末まで新しい展示会を開催する計画である。台北市政府高官によれば、ASUSは500~600ユニットのPadFone Infinityスマートフォンを提供し、展示会でバックエンドクラウドコンピューティングサポートを行う予定である。Epsonは、プリンタ、プロジェクタ、スキャナを提供し、Foxconnは100ユニットの 60インチLCD TVを提供する。展示会にはアーチストが招待され、最新の作品を披露する。また、来場者は200万人を予定している。

コメントを投稿