2013/07/31

MediaTek、2014年の中国のタブレットPC市場で30%のシェアを獲得する見通し

大和証券によれば、MediaTekは、中国のタブレットPC市場で今年18%のシェアを確保し、さらに来年は30~35%のシェアを獲得する見通しであるという。大和証券の予測では、約1.2億ユニットのタブレットPCが今年中国市場で出荷され、昨年比 100%増となり、来年は42%増の 1.7億ユニットとなる。デュアルコアベースのタブレットPCが、今年の中国市場の全体シェアの50%を占め、クワッドコアが 30%を占めるという。中国のICデザインメーカのRockchipは、Globalfoundriesの28-nm プロセス技術を採用しており、大和証券によれば、Rockchipは2013年にAllwinner Technology (中国のICデザインメーカ)を抜いて、タブレットPCチップのリーダーとなり、市場シェアは 40%を超える見通しであるという。さらに、MediaTekは今年2160万ユニットのタブレットPC用チップセットを出荷し、中国で18%のシェアを獲得する見通しであるという。さらに、来年は 6000万ユニットを出荷し、30~35%のシェアを獲得する見通しであるという。
(130726/BOC)

コメントを投稿