2013/07/21

Apple、UMCへ投資を行うとの噂

SemiAccurateのウエブサイトの報道によると、Appleが半導体ファンドリに投資を行い SamsungとTSMCへの高い依存度を修正するという。投資金額は高額になると予想され、投資先の半導体ファブはUMCになる可能性がある。これに対して、UMCはこの噂に対するコメント拒否している。しかし、業界情報筋は、現状、UMCとAppleはコンタクトをとっておらず、現状のUMCのプロセス技術と生産能力の割当てに基づくと、特殊アプリケーションの開発はAppleのチップ(ASIC)に合致しないと指摘している。実際、AppleがSamsungを除外するためにチップメーカへの投資を計画しているという噂は以前から流れている。昨年下期、AppleがTSMCへの投資を計画しており、TSMCがAMRアーキテクチャ用特別生産アプリケーションプロセッシングを作ることができるとの噂が流れた。しかしこの件は、単に噂であり、TSMCも関連情報を否定した。先週のSEMICON West終了直後、再び、Appleがファンドリに投資することを計画しているとの噂が流れ始めた。AppleがUMCに投資するとのウエブサイトの報道に加えて、AppleがGlobalFoundriesのニューヨークの12インチ工場への投資、又は、来年、Appleが同社のAシリーズプロセッサの一部をIntelにオーダするとの噂が流れている。無論、TSMCがAppleのA7、又は、A8アプリケーションプロセッサの生産を開始するとの噂も流れ、AppleはTSMCの20ナノメータのおよそ50,000、又は、それ以上を確保したとの噂も流れている。しかし、噂に関しては、関連メーカは、この報道に対してのコメントを拒否している。 。(130718/BOC)

コメントを投稿