2013/06/13

【セミナー】メコンデルタのビジネスチャンス/日本企業の賞味期限は? 6/26(水) 東京/大崎

NPO法人アジアITビジネス研究会主催
~東南アジア・インドを俯瞰的に見る/進出前に知っておくべきこと~

■当セミナーでは、東南アジアへの参入に関して国ごとをその基本を理解しつつ、ASEAN経済圏を「面」で捉える戦略など、進出に当たり理解しておくべきことを俯瞰的に取りあげます。東南アジアのビジネス環境を知る絶好の機会です。
 http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=2314

■東南アジア各国は生産拠点としての期待、市場としても立ち上がりつつあり、今後の急成長が期待されている地域です。地理的にも歴史的にも日本企業の存在感は未だ大きく、格好の進出先として近年多くの企業が参入しています。

■しかし、その一方で参入国選択の誤りや、参入したもののうまくいかない、また国ごとに見れば日本や中国と比較して一回り以上小さい経済規模であり、発展見通しの見極めの難しさなど、参入企業も多くが課題を抱えています。不十分な事前検討、戦略立案の甘さ、市場の捉え方(国の選択)のミスなど日本企業が現場で抱えている課題を俯瞰的にメコンデルタのビジネス環境と日本企業にとってのビジネスチャンスを考えるセミナーです。
 http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=2314

------------------------------------------------------
■実施要綱
------------------------------------------------------
日 時:6月26日(水) 19:00~20:30(18:30受付開始)
会 場:東京都南部労政会館 第5会議室
品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎ウェストタワー2F)
最寄駅:大崎(JR山手線/埼京線/りんかい線/湘南新宿ライン)徒歩5分
http://www.asia-it.biz/map.php
定 員:60名(申込先着順)
参加費:1,000円(当日、会場受付にてお支払いください)

※お申込みはこちらから
http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=2314
--------------------------------------------------
■テーマ「メコンデルタのビジネスチャンス/日本企業の賞味期限は?」
--------------------------------------------------
■内容:東南アジア・インドを俯瞰的に見る/進出前に知っておくべきこと
1)マクロ・歴史に見る東南アジア各国の横顔
・ここ数十年での急激な成長を写真で比較する
・東南アジア各国の「経済レベル比較」
・いきなり最先端。新興国の新たな経済発展の道筋
・「マジックナンバー(1人当たりGDP)」で各国を攻略する
・東南アジア進出 成功事例

2)東南アジア・インド、各国の現状(豊富な写真で俯瞰)
・ヴェトナム(ハノイ&ホーチミンシティ)、
・ミャンマー(ヤンゴン)、・タイ(バンコク)
・マレーシア(KL)、インドネシア(ジャカルタ)、シンガポール
・インド(デリー、ムンバイ、チェンナイetc…)

3)知っている「コト」「人」で参入しない。“正攻法”で参入する方法
・日本にいてもわかる事、やるべき事はたくさんある
・10年はやる覚悟、トップの決断とエースの投入
・現地で企画、現地で生産&提供。タイムマシン経営は原則間違いの元
・現地化アレコレ。少なくとも参入したら日本で判断できることは少ない

■講師:株式会社パンアジアパートナーズ 荒井 尚英(あらいなおひで)
 http://www.panasia-partners.com/company/partner.html

■略歴:(株)リクルート、Arthur Andersen LLP.(Los Angeles)などを経て、
 2008年パンアジアパートナーズ創業に伴い参画。主に日本企業のアジア新興国での成長支援(戦略構築、資金調達、経営チーム組成等)として、リサーチ戦略立案、事業開発、顧客・提携先の開拓、交渉、契約締結など数十のプロジェクトを遂行。東北大学工学部卒、早稲田大学アジア太平洋研究科修了、東北大学大学院工学研究科博士課程後期中退。

http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=2314

コメントを投稿