2013/06/12

◆Computex 2013: CyberLink、マルチメディアソリューションを展示

CyberLinkは、Computex 2013でマルチメディアシリーズを展示している。DirectorFamilyの4つのソフトウェアソリューション;1. PowerDirector 11 for video
editing、 2.ColorDirector:ビデオカラーグレーティングソフトウェア、3.AudioDirector 3:オーデイオソフト編集、ミキシング、復元、及び、ビデオサウンドトラックのマスタリング、4. PhotoDirector 4:写真撮影ワークフロと編集ソフトウェア。また、同社はDigital Entertainment製品も展示し、展示には、1.PowerDVD13:クロスプラットフォーム再生ソリューション、2.Blu-ray/3Dビデオ/HDムービーをPCやタブレットPC、スマートフォン、TV等の複数のハードウェアで鑑賞できるメディアプレーヤ、3.MediaShow 6: PC に保存したデジタル写真、映像ファイルの管理と閲覧のためのソフトウェア、4.YouCam 5:Webカメラソフトウェアが含まれる。同展示会で、CyberLinkは、新しいHigh Efficiency Video Coding (HEVC) 標準をサポートする次世代コーデックの開発も発表した。HEVC (H.265としても知られている)規格で、H.264技術の後継技術であるが、新しい圧縮技術を使用して、H.264帯域の僅か半分で高精細ビデオコンテツを供給する。CyberLinkの新しいコーデックは、H.265フォーマットビデオの最適化されたデコーディングとエンコーディングを提供する。利点には、高速でスムースなダウンロードと、より良い画質のビデオコンテンツのストリーミングがPCとモバイルデバイスで行え、経済的なストレージと高精細ビデオの保存ができる。 (130607/BOC)

コメントを投稿