2013/05/28

Ritek、黒字転換

Ritekは最近、OLED事業が好調している。Ritekの子会社であるRiTdisplayはOLEDパネルを Appleのスマートウォッチ認証に送った。 Appleはまずは iPhone 6を市場投入する計画であり、現在のところスマートウォッチの予定はなく、いつサンプルが承認されるか不透明である。Intel北京支店は現在、Apple 向けBluetoothスマートフォンウォッチを設計している。それはRiTdisplayの1.8インチOLEDパネルと共にデザインされているが、Appleは大き過ぎと考えており、1.5インチOLEDパネルに変更し、RitfastのOGSグラスを採用した。 RitDisplayはRitekの子会社であり、RitfastもRitekとYoung Fast Optical Inc.のOGSジョンイントベンチャーである。記録型ブランク光ディスクメーカはここ数年過剰出荷に悩まされている。Philipsのロイヤルティフィーと他のメーカのマイナス要件により、業界全体は長い間低迷に直面した。多くの競合を抑え、記録型ブランク光ディスクメーカは、ここ数年事業から撤退し、業界には数社の記録型ブランク光ディスクメーカしか残っていない。Ritekはその1つである。

コメントを投稿