2013/05/23

中国、半導体照明の国際提携を強化しLED産業の発展を推進

中国は、巨大な照明産業と照明市場を有し、国家半導体照明工程研究開発及び産業連盟事務総長の呉玲氏は16日、中国は半導体照明の国際提携を強化し、LED産業の発展を推進すると表明した。ここ10年、中国は半導体照明技術と産業の最も迅速な発展段階にあり、2012年中国の半導体照明産業は政策、資金、市場の推進の元で急速に発展し、市場規模は1920億人民元に達した。福建省の半導体照明産業は開発、新技術の開発で中国トップクラスにあり、福州、厦門は中国七大LED産業基地の1つであり、福州、厦門はまた国家科学技術部の半導体照明モデル試験都市でもある。福建省は両岸の光電の提携を強化し、現在LED生産を手掛ける企業は150社を上回り、形成して厦門を中心にして、福州、泉州、漳州の海峡西岸LED産業クラスターを形成し、年間生産額は数百億人民元に上り、製品は米国、EU、東南アジアなどの数十カ国に輸出されている。国家半導体照明工程提携指導グループの元組長の李健氏、国家半導体照明工程研究開発及び産業連盟の秘書長の呉玲氏らは、16日に福建LED産業を考察した後、リソースを集中し、環境を革新し、半導体照明の戦略的新興産業の発展育成は、中国の半導体照明科学技術の“12次5ヵ年計画”の重要な項目であると考えている。国家半導体照明連盟は、世界の半導体照明産業の戦略的発展青地図を制定し、世界提携のモデルを構築し、公衆に対して半導体照明の情宣を行っている。呉玲氏は、中国は今年から、LED照明省エネルギー産業の市場規模を年平均30%成長となるべく促進し、2015年には4500億人民元に達すると表明した。うち、LED照明製品の1800億人民元を占めるという。

コメントを投稿