2013/05/22

中国河北省、光電ディスプレイ産業の発展を目指す

“2013中国(河北)光電ディスプレイ産業発展座談会を”が省都で開催され、会議に出席したゲストとともに“革新発展戦略-光電ディスプレイ産業のチャンスと挑戦”をテーマに、同省の光電ディスプレイ産業の発展について論議された。ここ数年来、同省は絶えず科学技術の進歩と革新的な経済発展の手法について転換の加速をサポートし、強力に光ディスプレイ産業の発展を支援し、従来のディスプレイ産業の転換を推進してきた。討論においてゲストらは、光電ディスプレイ産業はハイテク産業であり、発展の勢いが力強く、市場の先行きは広大で、産業構造のアップグレードと合理化を加速し、経済発展の手法の転換の推進は重要な戦略的意義があると述べた。河北省の光電ディスプレイ産業は商機を掴み、発展戦略を革新すべきであり、将来的に、自主研究開発、資本集中は光電ディスプレイ産業の実力アップの重要な方法であり、光電ディスプレイ産業のクラスター効果増大、企業の総合競争力アップが図れるという。今回の座談会は中国生産力学会が主催した。座談会機期間、出席したゲストらは、東旭グループの石家荘旭新光電科技術公司に赴き考察・調査・研究を行った。東旭グループは中国内唯一、世界第5位のガラス基板技術の研究開発製造メーカであり、液晶ガラス基板分野で、突出した実力を持ち、国外技術の封鎖と市場独占の打破に成功し、産業の空白を埋め、従来のディスプレイ産業の転換とアップグレードをリードする重要な模範を示した。(130518/BOC)

コメントを投稿