2020/09/24

台湾Innotech Expo「未來科技館」に台湾政府各部会が先進医療産業を注目

「2020TaiwanInnovative Technology Expo」は、今年初めて台湾科学技術省と台湾経済省が共催し、主要政府部会が一堂に会う、台湾の科学技術の成果を展示会にで紹介する。
 台湾政府機関の科学技術省は台湾中央研究院、教育省、厚生省など、各省の資源を統合し、共同で「未来科学技術館」を展示、台湾の産業と人々の将来のために産業発展の方向性を議論し、「台湾の先進医療健康戦略産業の構築」に関するセミナーにで対話。政府部署がイノベーションテクノロジーをより前向きな医療健康関連産業を構築への方針がわかる。
 新任科学技術省の呉政忠大臣は、2016年から積極的に精密医療を推進している。今年就任したとき、今後4年間は各省庁間会合を推進し、共同で「先進医療戦略産業」を構築すると述べた。
バイオテクノロジー医薬品の生産額は、5年以内に6,000億NTドルから1兆元に増加すると期待している。より先進な防疫戦略としてIOT技術を採用しAI技術の導入など、ワクチン開発に協力、これらはすべて台湾の先進医療業界内にある。
 今回未来科学技術館では、産業、臨床応用、人材育成、ビッグデータ応用に焦点を当てた省庁間サミット会議が開催する。政府推進する目標は「六つ核心戰略」を軸に展開、先進医療、電子光技術、グリンエネルギー、AI及びAIoTの応用、ものつくりのスマート機器や新素材の研究開発成果。未来の5-10年間に新産業創出可能な技術を展示して、来場の業界団体関連者に新科学技術を巡りながら、学術、研究機関、民間企業と協同提携する機会を楽しみ。
 今年展示会現場に来られない方にはVR Online展示会公式ウェブサイトは:www.futuretech.org.tw
そして「One on One Matching ビジネスマチングシステムも提供する。
公式ウェブサイトはこちら:https://matching.org.tw/
是非台湾の研究成果と提携した方をオンラインで参加する。

コメントを投稿