2017/06/26

Computex2017レポート<7>Computexの出展製品は「最先端」ではなく「実用先端」を重視

■Computexは最先端技術を競う展示会ではない。誤解を恐れずに言うと、最先端のハイテク製品が出展される展示会ではなく、市場で求めている製品を台湾ベンダーが世界に供給するための展示会である。つまり、Computexには最新技術の自動車の自動運転の展示も、最先端のビックデータの解析も、8K・16K技術や第五世代の通信技術の出展もない。最先端を見たいなら、日本のCEATEC(主催社団法人日本電子機械工業会/EIAJ)やアメリカのCES(主催全米民生技術協会、Consumer Technology Association /CTA)を見に行くべきであろう。Computex2018の基本情報はTCA東京事務所と検索の上、ウェブサイトにて。
Computexは最先端というより「実用先端」を重視。ハイテクというより既存の技術を使って市場で求められている製品を如何に安く、大量に、すばやく、世界のマーケットに供給していくことができるかを台湾ベンダーが競い合う展示会である。世界中からComputexに集まるバイヤーも今年のクリスマス商戦で何が売れるか、半年後、一年後のビジネスのために何を買い付けたらいいかを考える。
世界中から集まるバイヤーにとって、Computexは未来を予測するための情報収集の場ではなく、直近の市場で売れるものを探し出すための展示会なのである。高付加価値を求めるのではなく、必要十分な機能でコストパフォーマンスのよい製品を、安く大量に買い付けることにしのぎを削る。この点がComputexに世界中からバイヤーが集まる理由である。
レポートに掲載した内容に関して詳細はTCA東京事務所までお問い合わせください。(TEL:03-3299-8813) また、と検索の上、Computex2018関連のページにて。Computex2018 & InnoVEX 2018の視察及び出展に関してもTCA東京事務所まで、電話またはe-mailにてお問い合わせください。
------------------------------------------------
■Computex2018 & InnoVEX2018 開催概要
------------------------------------------------
≫Computex2018とは製品調達及び海外におけるパートナー探しの展示会
≫InnoVEX2018とはベンチャーが集まる「ピッチ」と「技術出展」のイベント
http://www.computex.biz/computextaipei/2018/
主 催:台北市コンピュータ協会(TCA)、台湾対外貿易発展協会(Taitra)
会 期:Computex2018 6月5日 (火)~6月9日(土) 5日間
InnoVEX2018 6月6日 (水)~6月7日(金) 3日間
時 間:午前9時半~午後6時まで (ただし、最終日は午後4時まで)
会 場:台北世界貿易センター (信義区3会場)、南港ホール(南港地区)
InnoVEX2018 世界貿易センター第3ホール(信義区) 
出展規模:Computex 1,600社、5,010小間(2017年実績)
InnoVEXベンチャー企業272社(2017年実績)
ピッチエントリー企業100社/セミファイナリスト28社/ファイナル8社、優勝賞金100万ドル
海外からのバイヤー登録者167の国と地域から41,378人(2017年実績)

■Computex2018視察/出展に関してはこちらのサイトをご覧ください。

http://www.tcatokyo.com/Computex01.html

コメントを投稿