2015/07/31

モバイルゲーム市場規模、前年の2倍に

中国の「2015年第1四半期(1-3月)中国モバイルゲーム市場季度監測」によれば、同期間中の市場規模は119.24億元となった。前期に比べ24.6%の増加で、前年同期に比べると2倍の規模となった。
ゲーム会社別では、依然として騰訊(テンセント)が最大のシェアを握っている。同社傘下の4つのスタジオが「全民」シリーズや「天天」シリーズのタイトルを開発していることもあり、市場シェアは30.41%に達した。上位10社のシェアが全体の7割ほどを占めており、人気タイトルの有無が大きく影響していることが伺える。
モバイルゲーム元年といわれた2013年以降、中国のモバイルゲーム市場は大変な勢いで成長を続けている。2015年第1四半期にはついに100億元を突破し、国内ゲーム市場で最大勢力となっている。一方で市場の競争は激しさを増しており、市場の成長と共に相当数の小規模なゲーム会社が淘汰されている状況だ。

資料出所:クララオンライン「アジアIT調査レポート」/易観智庫(中国)

http://www.clara.jp/report/

コメントを投稿