2015/07/30

ネット旅行予約市場、間もなく1000億元突破

中国の「2015年第1四半期(1-3月)中国インターネット旅行予約市場季度監測」によれば、同期間中のインターネットを通じた旅行予約市場の規模は947.6億元に達し、前期に比べ9.4%、前年同期に比べ51.3%増加した。サイト別では、携程と去哪儿の二強が市場の過半数を握る状況が続いている。特に今期はOTA(オンライントラベルエージェント、ネット旅行会社)のサービス領域が拡大し、中でも旅行先でのサービス提供や二次消費が各社の売上に大きく貢献した。
航空券予約の手数料が1%にまで下がっており、OTA各社にとって新たな利益モデルの模索が急務だ。さらに大型ホテルやチェーン展開するホテルが独自のオンライン予約サイトを立ち上げていることもOTAの大きな脅威となっている。一方でレジャー分野は、OTAがレジャー施設や店舗を開設するなど、オンラインとオフラインの融合が進んでいる。

資料出所:クララオンライン「アジアIT調査レポート」/易観智庫(中国)

http://www.clara.jp/report/

コメントを投稿