2015/05/29

P2P金融市場、取引規模1000億元突破

中国の「2015年第1四半期(1-3月)中国P2P金融市場季度監測報告」によれば、同期間中のP2P金融取引規模は前期比34.5%増の1009.3億元だった。
易観智庫の分析によれば、今期は春節の影響で2月の取引規模が縮小したものの、李克強首相がインターネット金融の健全な発展促進を訴えたことで一気に取引が加速した。
プラットフォーム別では、紅嶺創投のシェアが全体の13.5%を占めてトップだが、2位以下は僅差となっている。取引プラットフォームは今後も増加するものとみられ、市場全体の取引規模も拡大することが予想される。
なお年内にもP2P管理監督機関が設立される予定で、一時的には市場に影響があるものの長期的にみれば市場の規範化と健全化が進むと期待される。

資料出所:クララオンライン「アジアIT調査レポート」/易観智庫(中国)

http://www.clara.jp/report/

コメントを投稿