2015/02/04

2015年スマートシティ サミット&エキスポ

2015スマートシティ展示会は台湾最大のIOT(モノのインターネット)展示活動、会期は1月23日に開催。今年のイベントは、10万人以上の来場者、そして33ヶ国の600名海外バイヤーを集め、出展社は、今年が国際市場に進出できて非常に満足している。来場者数と去年比較して約20%増やしました。

主催のTCA童子賢理事長、林郭文艶、大同ゼネラル社総経理とアドバンテック会長刘克振を含めは、IOT産業は未来スマートシティの関係が密接にリンクしていることを強調してきた、来年もスマート都市開発テーマとして「IOTとスマートシティの建設」になり、来年会期は3月22日から3月25日まで予定です。

2015スマートシティ展にネットワークやクラウドソリューション、12000人の合計を集めて26テーマの専門フォーラムに参加しました。

主催台北コンピュータ協会は今年スマートシティ展示会が国際化に向けて成功しました、海外は荷兰恩荷芬市長ロブ·ファン(ICF国際組織委員会会長)とHellaby市長、韓国大田市、柳秀贤副市長などが、またほぼ600名中国本土、日本、香港、オランダ、米国など国際的なバイヤーからの参加を注目されます。

コメントを投稿