2015/01/09

世紀佳縁:結婚イベント好調で売上25.5%増

結婚情報サービスの世紀佳縁はこのほど、2014年第3四半期(7-9月)の財務報告を公表した。同期間中の売上は1.62億元で、前期に比べ11.2%、前年同期に比べ25.5%それぞれ増加した。

易観智庫の分析によれば、同期間中の営業コストは七夕をテーマにしたキャンペーンを実施したため前期比17.0%増、前年同期比28.1%増の6492.3万元に達した。しかし複数ブランドによる市場の細分化戦略が功を奏し、さらにプラットフォームを全面的にリニューアルしたこともあって、アクティブユーザーは増加した。

同期間中のPC端末を利用するアクティブユーザーは5605.5万人で、前期比0.2%増加した。同社のO2O戦略は安定した増収に貢献しており、客単価の高い一対一紅娘業務やオフラインでO2O業務の収入が全体の34.1%にまで上昇している。単純な結婚相手の紹介ビジネスではなく、マッチング、お見合い、デート、結婚へと至る全過程をビジネスに取り込むことで、新たなビジネスチャンスをつかみ、客単価を引き上げるとともに、適齢期の男女への認知度アップを狙う。

141216 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/12/16/14q3sjjyse.html

コメントを投稿