2015/01/07

中国のネット理財商品 IPO続き利回り上昇

2014年11月最終週のインターネット財テク商品の収益率はおおむね小幅ながらも上昇し、智能金賬戸を除き安定した状況が続いている。

今回調査を行った28商品のうち、収益率が上がったのは17商品、下がったのは11商品だった。智能金賬戸は6%を超える大幅な上昇となり、ランキング最下位から一気にトップに躍り出た。今年上半期(1-6月)に好調だった京東小金庫は収益率が5%以下となり、順位を大きく落とした。

易観智庫の分析では、11月最終週に行われた7件のIPOによって7371.35億元の資金が凍結されたことが影響して、収益率が小幅ながら上昇した模様だ。しかし次週以降は資金の流れが徐々に元に戻ることから、短期間のうちに収益率に大きな変動は無いだろう。

また中央銀行が過去2年間で初めてとなる金利引き下げを行った。今後も引き続き金利は下がることが予想されるため、2015年の収益率は4%以下に下がるだろう。

141209 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/12/09/141128licai.html

コメントを投稿