2014/10/17

モバイル決済のセキュリティ対策 ウイルスソフトが最多

中国の2013年のインターネットを通じた第三者決済市場の取引額は5兆9666億元に達し、前年に比べ56.9%の増加となった。取引規模の成長スピードは縮小傾向にあるが、モバイル端末を使った決済が爆発的な伸びを見せており、2013年の取引額は1兆3010億元に達し、前年に比べ800.3%もの増加となっている。

モバイル決済の普及に伴って、セキュリティを懸念する声も高まっている。易観智庫がこのほど発表した「中国モバイル決済セキュリティ研究報告2014」によれば、専用のセキュリティソフトを使用する人が全体の91.1%を占めていることがわかった。一方で何も対策を行っていないと答えた人は7.7%に上っている。

141002 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/10/02/mobilesec.html

コメントを投稿