2014/09/22

モバイルゲーム 中国国内で「龍図遊戯」が急上昇

中国の「2014年第2四半期(4-6月)中国モバイルゲーム市場季度監測」によれば、プラットフォーム別のシェアは中国手遊が全体の19.3%でトップだった。前期はトップ10圏外だった龍図遊戯は「刀塔伝奇」が大ヒットしたことから今期はトップ4に躍り出ている。

龍図遊戯がパブリッシャーを担う「刀塔伝奇」はリリースされるとすぐにAppStoreのランキングトップになった。易観智庫の分析によれば、「刀塔伝奇」が大ヒットした理由として、ゲームの同質化が進む中でゲームのテーマだけでなく、グラフィックや操作方法が新しかったことが挙げられる。また開発会社は2013年に設立されたばかりで経験が浅く、パブリッシャーである龍図遊戯もモバイルゲーム部門を同じく2013年に設立したばかりだったが、オンラインだけでなくコンビニやテレビなど各方面からの多角的なセールスを仕掛けたり、開発チームと販売チームが密に連携することでタイミングを逃さずにキャンペーンを行ったりと、業界に新しい風を吹かせた。

ゲームユーザーも従来のモバイルゲームとは一味違う新鮮さに興味をひかれ、次々と繰り広げられるキャンペーンにも期待憾を持っているようだ。「刀塔伝奇」は毎月1度は必ず大がかりな更新を行って、続々と新しいキャラを投入しており、従来のモバイルゲームのライフサイクルとは比べ物にならないロングヒットを記録するだろう。

140908 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/09/08/14q2mobilegame.html

コメントを投稿