2014/09/15

モバイル向けブラウザ 中国のアカウントは10.8億件に

中国「2014年第2四半期(4-6月)中国モバイルブラウザユーザー調査研究報告」によれば、6月末時点のサードパーティのモバイルブラウザの累計アカウント数は10.8億件で、前期に比べて7.5%増加した。

ブラウザ別のアカウント数では、QQ瀏覧器が全体の38.49%のシェアでトップだった。UC瀏覧器が25.82%、百度瀏覧器が15.02%と続いた。

易観智庫の分析によれば、モバイルブラウザはモバイル端末からのインターネット利用の窓口としての役割を担っており、多種多様な機能を備えている。ユーザーのニーズをいかに満たし、情報の精度を高めていくかがモバイルブラウザの発展に重要とされている。一方でユーザー側からすれば、ブラウザは情報の閲覧と検索が最重要なのには変わりない。ユーザーの行動を分析して潜在的なニーズを把握できれば、モバイルブラウザの更なる成長と発展が可能となることから、各社は検索機能を強化し、カスタマイズした情報の提供に注力している。

140820 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/08/21/14q2mobilebrase.html

コメントを投稿