2014/08/28

中国のネット求人市場規模8.2億元 新興サイトがけん引

中国の「2014年第2四半期(4-6月)中国インターネット求人市場監測」によれば、同期間中の市場規模は8.2億元で、前期に比べ3.5%増加した。
中国のシンクタンクである易観智庫の分析によれば、インターネットを利用した求人市場は急成長が続き、ようやく安定した発展の段階に突入した。古くからある求人サイトは情報が雑多で、求職者が欲しい情報と企業側の出す情報がうまくかみ合っていない。さらに求人効率が悪く、早急なビジネスモデルと仕組みの転換が求められていた。

現在のインターネット求人市場はまだ競争の初期段階で、古くからある求人サイトはミドルクラスの人材を扱うにとどまっている。しかし新興求人サイトの中には、ハイクラス人材のみを扱っていたり、ある分野に特化した人材を扱っていたりという特徴がある。またビジネスソーシャルサイトを通じた求人も登場しており、新興求人サイトの多くは求職者と企業の双方の満足度が高く、効率も良いと評価されている。古くからある求人サイトは知名度をが高いため、依然として利用者が多い状況だが、新興求人サイトがユーザー体験を改善し、求職者と企業の不満を解決していくことに期待したい。

2014年8月15日 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

※詳しくはこちらのURLから詳細な図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/08/15/14q2netrec.html

コメントを投稿