2014/08/21

トップ5メーカとトップ3ODMメーカ、7月にノートPC出荷が減少した予想

Digitimesによると、5大ノートPCメーカの7月の合計出荷台数は、対前月比25%減となり、3大OMDメーカの合計出荷台数も17%減少した。同社は、HPとLenovoが30%以上減少し、AcerとASUSもおよそ20%減少した。 しかしDellの出荷は増加した。ODMメーカに関しては、Compalが20%減少し、Wistronも11%減少した。ノートPCメーカとODMメーカの出荷は減少したが、2014年1月から7月の累計出荷台数は、2013年同期比では増加していると、同社は述べている。同社は、Chromebookの出荷が、2014年第2四半期に150万大に達し、全ノートPCの出荷に占める割合が前期の2.4%から3.7%になったと述べている。SamsungとAcerは、Choromebookの主要供給メーカであり、現在、両社で同市場のおよそ80~85%を占めていると、同社は付け加えている。

2014年8月9日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.bocinfo.net

コメントを投稿