2014/08/17

ノートPC、2014年2Qに出荷を伸ばす

Canalysによれば、2014年2Qの世界のPC出荷は約1.239億台で、前年比14%増となった。しかし事実上少しも連続していない成長であり、タブレットがPC全体の出荷台数に及ぼした前向きな影響が徐々になくなり始めているように見える、と付け加えている。Appleが引き続き14%のシェアで市場をリードしているが、Macの出荷の10%の伸びはiPadの売上減少を補うことはできず、結果的に全体出荷は5%減となった。Appleに続き、Lenovoの出荷は前年比20%増で、シェアは調度14%弱まで上昇した。また、HPとDellの出荷はそれぞれ前年比11%及び14%増で、連続してシェアが増加した。さらに、世界のタブレット出荷は前期比5%減少して4,840万台となり、AppleとSamsungは出荷の減少に苦しんでいる。Appleは調度1,330万台弱のiPadを出荷したが、2012年1Q以来最も弱い四半期となった。Samsungのこの四半期のタブレット出荷は890万台以下だったが、AppleとSamsungは合わせて引き続き世界のタブレット出荷の46%を占めている。

2014年8月7日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.bocinfo.net

コメントを投稿