2015/07/07

■MiTAC■パソコン大手/老舗のMiTACもウェアラブルに参入。リストバンドタイプの「MiWell」を出展

リストバンドタイプの「MiWell」は、独自のアルゴリズム解析を使って心電図の分析を行い、2分以内という短い時間で体と精神的なコンディションを診断。プレッシャー指数や数値上の生理的年齢、エネルギーバランスなどをモニターに表示する。

モーションセンサーの技術により就寝モニターで睡眠の質を分析したり、トラッキングでの消費カロリーなども細かに分析する。まず、目が覚めたときに睡眠の質を測定し、通勤から退勤までの一日の活動状況、歩く歩数と距離、階段の上り下り、カロリー計算、職場での仕事量など、総合的な判断から健康指数を判断する。さらに、退勤後は一日の行動を振り返り、予め設定してある目標が達成できているかどうかを表示することもできる。電池は一週間。

交感神経と副交感神経のバランスを「見える化」して本人のリラックス度、緊張度がメーターで表示される点も特徴のひとつ。実年齢に対して体のバランス年齢がいつでもチェックできる。また、スマートフォンのアプリでは呼吸法のトレーニングや健康を維持して元気を保つアプリなどを利用することもできる。

MiTACはヘルスケア分野でのウェアラブル市場にターゲットを絞り、製品開発を行ってきたことが特徴のひとつ。開発にあたっては睡眠を専門に研究を行っている医療機関とのコラボにより共同研究を実施。独自のアルゴリズムを活用したEKG心電計とHRV心拍変動解析は医療機関との研究成果による。

また、デザインは寝ている間でも着けていられることにこだわった。当初はウォッチタイプも同時開発を行っていたが、やはり大きさという点で常に身に着けていることが難しいとの判断で、リストバンドタイプの開発に絞り込んだという経緯がある。日本市場はODMでのビジネス。自社ブランドにはこだわらない。

MiTAC International Corp. は1982年に創設。台湾では業界のリーダー的存在。グローバルネットワークを通した電子製品のR&D、設計、製造、組立サービス業務を提供。幅広い分野でOEMからODMまでの生産代行を行うEMS企業である。

<経済部国際貿易局広告>

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoshimuraakira

コメントを投稿