2014/07/28

世界のDRAMモジュール販売、2013年は32%増のUS$73億となる

DRAMeXchagenによると、2013年の世界のDRAMモジュール販売は、標準DRAMチップの価格の上昇、活気を帯びたスポット市場、及び、契約販売比率の増加により、前年のUS$55億に対して32%増のUS$73億に達した。同社は、トップ10メーカが2013年のメモリモジュールの総販売の88%を占め、Kingston Technologyがトップメーカとなり、販売は対前年比32%増になったという。2013年は、台湾のADATA Technologyと中国のRamaxel Technologyが2位と3位となり、売上高は各々、116%と37%増加した。さらに、KingstonとPhison Electronicsの合弁企業であるKingston Solution (KSI) がeMCP製品のマーケティングを強化し、中国市場へ大きく食い込み、トップデバイスメーカからのオーダ獲得を目指している。ADATAに関しては、低価格製品の在庫最適化と、柔軟なマーケティング戦略で2013年の販売を増加することに成功した。

2014年7月22日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.bocinfo.net/

コメントを投稿