2014/07/18

世界のLCD TV 出荷、2014年には3.2%増

WitsView によれば、2014年の世界のLCD TV出荷は2.108億ユニットに達し、対前年比3.2%増となる。同社は、メーカの在庫は現在適正な水準にあり、中国メーカは特に米国のブラックフライデー期間の競争の強化によって、海外市場への出荷拡大を期待している。中国でのLCD TV需要も10月1日休暇期間に備えて増加しており、短期的には供給過剰は起こらないことを意味する。同社はさらに、メーカが伝統的なLCD TV業界のハイシーズンに備えて準備していることから、モニタとノートPC用パネル供給が依然として逼迫している、と指摘している。モニタとノートPCのバンドル需要は、Windows XPの停止によりメーカがそのようなパッケージを推奨しているために増加しており、世界的には25~30%、中国では50%の割合を持っている。MicrosoftはAIO並びに安価なノートPCの助成金も提供している。同社はさらに、32~42インチLCD TVパネルと半完成製品の価格は7月にUS$1上昇し、46-/48-及び50-インチパネルの価格はUS$1.20上昇すると指摘している。55-インチパネルの価格は安定したままだと見られる。

2014年7月11日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.storageview.net

コメントを投稿