2014/07/17

LCD TVパネルの表面エリア、2014年2Qは14%の出荷増

Digitimes によれば、LCD TVパネルの表面エリアの出荷は、LCD TVの平均サイズが増加したため、2014 2Qは対前年比14%増と大幅に増加したという。多くのパネルメーカが5~7.5G ラインでUltra HD TVパネル生産を拡大しているため、ノートPC用パネルの供給が減少し価格が値上がりしているという。また、Samsungは最近、AMOLEDパネルを採用したタブレットをリリースしていく方針であり、AMOLEDパネルを維持していく努力をしている。しかしながら、スマートフォン向けでは、期待よりも出荷は少ないという。

2014年7月11日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.storageview.net

コメントを投稿