2014/07/13

ソニーモバイル、MediaTekの64ビットquad-core 4G LTEソリューションを搭載

業界情報によると、ソニーモバイルコミュニケーションズは、MediaTekの64ビットquad-coreソリューションである“MT6732”の搭載を計画しており、搭載されるのはエントリーレベルとミッドレンジの4G LTEスマートフォン製品であり、2015年に発売されるという。同筋は、Arima Communications、Compal Communications、及び、FIH Mobileを含む台湾の携帯電話ODMメーカは、現在、Qualcomm製のスマートフォンソリューションを搭載した4G LTEモデルをソニーモバイル向けに生産している。同筋は、ODMメーカ3社は、4~5モデルの4G LTEスマートフォンを生産すると予想され、MediaTekのチップセットソリューションが使用されて生産され、ソニーモバイルの2015年のチップセットの総購買数は2,000~3,000万ユニットに達する見込みである。MediaTekは2つの64ビットソリューションである、quad-core MT7632と8-core MT6752の量産を、2014年第3四半期に開始すると同筋は述べている。

2014年7月2日 BOC台湾/中国ITマーケットトレンドビュー

http://www.storageview.net/ap/jp/index.php

コメントを投稿