2014/07/11

Foxconn、2014年は業績アップの見通し

Foxconn Electronicsは2013年の業績を発表した。それによると、連結売上高はNT$3.95兆 (約13兆4,0008億円)となり、過去最高となった。 2013年のEPSは、2012年のNT$8.03からNT$8.16にアップした。同社の会長であるTerry Guo氏は、2014年は増益になると予想している。Guo氏は、2014年下期の新投資計画は現金を利用し、多くの利益をもたらすと述べた。現在、Foxconnは年間出荷台数でSamsungを若干下回る世界2位のハンドセットメーカであり、最大のタブレットメーカである。Foxconnはサーバ生産で60%の世界シェアを占めていると、Guo氏は語る。加えて、Guo氏はウェアラブルデバイスについて指摘し、スマートロボットは将来の発展に関して、ウェアラブルデバイスより広い可能性を持つと確信している。Guo氏は、ウェアラブルデバイスは主に2つの開発の方向に向かっていると確信している。1つはファッションアクセサリであり、もう1つはスマートフォンの延長である。

2014年7月1日 BOCビジネスコンサルティング

http://www.storageview.net/ap/jp/index.php

コメントを投稿