2014/07/07

Qisda、2014年にハイエンドLCDモニタで100万台の出荷を計画

Qisdaは2014年1Qに30万台のハイエンドLCDモニタを出荷し、今年は対前年比3.3倍となる100万台の出荷を計画していると、同社社長のPeter Chen氏が明らかにした。また、会長のK.Y. Lee氏は、PC関連製品の2013年の連結売上高に占める比率は46%であったが、2014年は激減する見込みであるという。Qisdaは欧州のテレコムオペレータから4GスマートフォンのODMオーダを獲得しており、2014年にはオーストラリアや東南アジアのテレコムオペレータからもオーダを獲得する見込みであるという。Chen氏は、同社はメディアケア製品の開発も開始したことを述べている。メディケア製品の粗利益は高いことから、Qisdaは今年、同製品の開発とマーケティングを進めていく計画である。

2014年6月30日 BOCビジネスコンサルティング

http://www.storageview.net/ap/jp/index.php

コメントを投稿