2014/07/04

Google、HTCと協業でデュアルブランド8.9インチタブレットを発売するとの予想

台湾のサプライチェン筋によると、Googleは8.9インチタブレットである次世代 ”Nexus”でHTCと協業し、同タブレットはGoogle/HTCのデュアルブランドで発売されると、Google I/O 2014で報じられた。両社は、この8.9インチタブレットにはNvidia Tegra K1プロセッサ、2048x1440タッチスクリーン、及び、4G LTEサポート機能が搭載される。同タブレットPCの出荷は2014年7月に開始され、小売価格はUS$399とUS$599の間になる。2014年の出荷は、150万台になると予想されると、同情報筋は述べている。また、同筋は、GoogleはASUSと第1世代と第2世代の“Nexus7” 7インチタブレットPCをデュアルブランドで発売して、ASUSのAndroidタブレットの世界市場での礎を築かせた。北米とヨーロッパのタブレットPC市場が飽和状態に達し、一方、中国、南東アジア、及び、ラテンアメリカ市場は拡大するも、US$199以下の低価格モデルが主流となっている。大型スクリーンスマートフォンが、7インチから10インチタブレットの競合製品となったため、8.9インチモデルは苦戦を強いられていると、同筋は述べている。

2014年6月27日 BOCビジネスコンサルティング

http://www.storageview.net

コメントを投稿