2014/06/30

【セミナー】ウェアラブル最新事情、国内事情+Computex2014報告会 7/9(水) 東京/大崎

■「グーグル・グラス」タイプのメガネ型の端末や時計型ウェアラブル端末などComputex(会期6/3-6/7)ではウェアラブル関連製品が注目を集めました。「スマートフォン」や「タブレットPC」の次に台湾ベンダーが注目する製品、Computexで注目された製品、ウェアラブルアプリの実用事例の紹介などセミナーの前半はComputex報告会を実施します。後半は3月六本木ミッドタウンで開催された「ウェアラブルテック・ジャパン」の上路健介氏を招いて、日本のウェアラブル事情についてお話を伺います。

■日 時:7月9日(水) 14:00~16:30(13:30受付開始)
 会 場:東京都南部労政会館 第5会議室
 http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=3188

■スピーチのポイント
1)Computex2014で注目を集めたウェアラブル関連製品
・「グーグル・グラス」タイプのメガネ型ウェアラブル端末
・SIMカード内蔵で通話ができる時計型のウェアラブル端末
・ヘルスケタイプ、スポーツギアタイプ、おもしろ注目製品

2)日本国内のウェアラブル最新事情
・いまグラスタイプのウェアラブル端末で何ができるか?どこまでできるか?
・ウェアラブルコンピューティングの現状、その課題と可能性
・「ここまで進化する!」 ウェアラブル端末の近未来

3)アプリケーションが「鍵」を握るウェアラブルの世界
・日本国内の先進的な応用事例、実証実験について報告
・台湾ベンダー(ハードベンダー)が考えるアプリケーションの未来
・日本企業はアジアでイニシアティヴを取れるか?

<経済部国際貿易局広告>

※詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.asia-it.biz/event_schedule.php?acnm=detail&did=3188

コメントを投稿