2014/06/29

Aurora、3Dプリンタ、オフィスクラウドコンピューティングサービスを提供

台湾のオフィスオーテメイション機器販売業者であるAuroraが、米国のStratasysの3Dプリンタを中国市場で特化してマーケティングを行うグループを設立し、自社ブランドモデルを台湾市場でマーケティングする。同社によると、クラウドコンピューティング事業グループが、オフィスユーズクラウドコンピュータサービスを、統合された既存のERP (enterprise resource planning)、ヒューマンリソースカンレ、及び、オフィス自動化インテリジェント管理システムを通して提供する。関連ニュースとして、Auroraの2014年第1四半期の連結売上高はNT$25億6,600万(87億2,440万円)であり、純利益はNT$2億9,300万(9億9,621万円)で、利益の43%は中国市場からであるという。

2014年6月18日 BOCビジネスコンサルティング

http://www.storageview.net

コメントを投稿