2014/06/09

B2Cベビー用品市場規模 前期比128%増の126億元

中国「2014年第1四半期(1-3月)中国B2C市場季度監測」によると、同期間中のB2C市場におけるベビー用品の売上は126.9億元で、前期に比べ2.2%、前年同期に比べ128.2%それぞれ増加した。

易観智庫の分析では、B2C市場全体の規模が減少傾向にあるものの、ベビー用品の取引規模は増加を続けていることが分かった。ベビー用品は比較的価格が高い上、繰り返し購入するものが多く、値段の比較がしやすいネットショッピングで購入する消費者が多いようだ。また各ECサイトもベビー用品を常にバーゲンやキャンペーンの対象商品として扱っており、メーカーと提携した販促キャンペーンを頻繁に行っていることも、ネットショッピングの利用増加につながっているようだ。

140522 クララオンライン/クララビジネスコンサルティング

※下記のURLから詳しい図表がご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/05/22/14q1ecbabyse.html

コメントを投稿