2014/03/28

中国のB2B市場 国内向け卸売の好調続く

中国の「2013年第4四半期(10-12月)B2B市場季度監測報告」によれば、売上に基づく市場シェアトップは阿里巴巴の46.25%で、続いて慧聡網が6.33%、環球資源網が6.01%と続いた。上位9つのB2Bサイトが市場全体の69.71%を占めている。

易観智庫の分析によれば、慧聡網は国内B2B市場の大幅な成長にともなって順調に売上を伸ばした。インターネットの設備が整うにつれて卸売販売の多くがオンライン上に移っていることもプラスに働いた。国内B2B市場は楽観視できる状況で、環球資源網も国内向け業務に力を入れ始めているようだ。また医薬品、IC部品、鉄鋼といった分野では業界に合わせた運営モデルが誕生するなどイノベーションも盛んになっており、B2B市場の成長は当分続くことが期待される。

140326 クララオンライン/コンサルティング


※詳しいデータが下記のURLからご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/03/26/13q4b2bsh.html

コメントを投稿