2014/03/20

中国端末販売のスマホ比率91.3%に

中国の「2013年第4四半期(10-12月)中国携帯電話市場監測報告」によれば、同期間中の密輸入品や模倣品を除く携帯電話端末の販売台数は1億683万台だった。前期に比べ4.06%、前年同期に比べ54.8%それぞれ増加した。

このうちスマートフォンは9763万台で、携帯電話の販売台数全体に占めるスマートフォンの割合は91.3%に達している。

易観智庫の分析によると、中国移動が第4四半期にTD-LTEの4Gサービスを始めたが、まだ価格性能比が良くないことから販売状況は思わしくない。ただし今後カバーエリアが拡大して、通信料金が下がれば、一気に利用者が増えそうだ。

またスマートフォンの端末価格は、AndroidとWindowsともに前期より100元ほど値下がりしている。AppleのiPhoneも同じく200元ほど値下がりしているが、すでにスマートフォン市場は飽和状態にあるため、販売台数が急増することはなかった。

140314 クララオンライン/ビジネスコンサルティング

※詳しい統計資料が下記のサイトからご覧いただけます。

http://www.eguan.jp/2014/03/14/13q4mobilese.html

コメントを投稿