2014/06/22

■日曜コラム■ナフキンが立ててある席がひとつ・・・。この意味は?

写真をご覧ください。中国での食事会の席です。これから食事会が始まるレストランの部屋の様子です。左の写真は「ナフキン」がスカイツリーのように立ててある席がひとつだけあります。さて、これはどういう意味でしょうか?食事会に招待させたあなたはこの席に座るべき?それとも座ってはいけない?考えてみてください。

いくつかの選択肢を挙げます。次のうちどれが正解だと思いますか?
1. ゲストに座ってもらうための席である
2. ホストが座る席である
3. 通訳が座る席である
4. ゲストの運転手が座る席である


■「ナフキン」が立ててある席の答えは・・・

答えは、2の「ホストが座る席である」です。

間違ってもゲストをこの席に案内してはいけません。「ナフキン」が立ててる席は、この食事会のお金を払う人の席なのです。つまり、ホスト役の席です。目立つ席なので「ここが上座(?)」と勘違いして、ゲスト(主賓)をこの席に案内してはいけません。この席はホスト役であるあなたの席です。



■日曜コラム■担当:ASIA-NET代表 吉村 章
--------------------------------------------------
Bridging people, business and culture in Asia


◆Yahoo! JAPAN ビジネスニュースにてコラムを執筆中
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoshimuraakira/

◆中国ビジネス「シリーズ3部作」
>「中国人とうまくつきあう実践テクニック」
>「知っておくと必ずビジネスに役立つ中国人の面子(メンツ)」
>「すぐに使える中国人との実践交渉術」

http://www.crosscosmos.com

コメントを投稿