2014/02/21

≪ASEAN基本情報≫ シンガポール、フィリピン

■シンガポール

正式な国名は「シンガポール共和国 」(The Republic of Singapore)、人口は539万9,200人(2013年)、中国系が74.2%、マレー系が13.3%、インド系が9.1%、その他が3.3%という民族構成になっています。面積は東京23区より少し広い716.1平方キロメートル。

言語はマレー語、宗教は仏教、イスラム教、ヒンズー教、道教、キリスト教などです。2012年の統計数字を挙げてみると、実質GDPの成長率は1.3%、名目GDP総額2、764億4、800万ドル、消費者物価上昇率は4.6%、失業率は2.0%と発表されています。

民族暴動を機にマレーシアから追い出されるように独立した経緯があります。そのため国内民族問題に敏感であり、民族対立を煽るような言論・表現は煽動法や宗教調和維持法などによって厳しく取り締まられています。

隣国で元々は同じ国であったマレーシアとは、領土や開発問題、欧米諸国へ対する姿勢などでたびたび衝突してきましたが、現在は近隣のインドネシア、タイ王国などの国々と同様ASEAN諸国の一員としての関係を維持してきています。

東南アジアと東アジア、ヨーロッパや中東、オーストラリアを結ぶ交通の要衝であるため、東西貿易の拠点となって古くから繁栄し、海運産業や航空産業が発達してきました。独立後、積極的な外資導入により、重工業を中心とする工業化政策をとり、東南アジアでは最大級の工業国に成長しています。

都市国家であるため、国内の人口や消費の規模は小さいものの、英語や中国語の話者の多さから、香港と並び欧米諸国の多国籍企業のアジア太平洋地域の拠点が置かれることが多く、近年は東南アジアの金融センターとして不動の地位を保っています。

現在は一人当たりのGDPが高く世界でも上位に位置し、国際競争力が非常に強い国であり、富裕世帯の割合が世界で最も高く、およそ6世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しているとされています。


■フィリピン

正式な国名は「フィリピン共和国」(Republic of the Philippines)、人口は9,586万人(2011年)、面積は300,000平方キロメートル、マニラ首都圏(NCR)で人口は1,186万人(20(5.1%)などとなっています。2012年の実質GDP成長率は6.8%、名目GDP総額は2,5.01億8,200万ドル、一人あたりのGDP(名目)は2,614ドル、消費者物価上昇率3.2%、失業率7.0%、これらはいずれも2012年の数字です。

コメントを投稿