2014/01/06

Android向け自動車情報アプリ 価格検索サービスが人気

易観智庫がこのほど発表したデータによると、2013年11月に最も多くダウンロードされたAndroid向け自動車情報アプリは易車網の「汽車報価大全」で、調査を行った主要な17のAndroidアプリマーケットの合計ダウンロード数は延べ2373万回に上った。

現在出回っている自動車情報アプリの多くは、インターネットの自動車情報専門サイトが運営するもので、今回の調査で1位だった易車網のほか、汽車之家、太平洋汽車網、網上車市などがそれぞれ携帯電話向けのアプリをリリースしている。

インターネットの専門情報サイトは、自動車に詳しいライターがコンテンツを作っており、タイムリーに更新されるという特徴を持つが、このような総合的な自動車情報を扱う専門サイトのアプリは、コンテンツをそのままモバイル端末用に編集している場合が多く、利用者にとっては同じものをどこでも手軽に見ることができる。マニアックな愛好家から初めてのマイカー購入を検討する層まで幅広くターゲットとしており、豊富でタイムリーな情報提供が競争力となっている。

一方で、自動車の販売価格に特化したアプリも好調だ。サービスは単純で簡単なものだが、現時点での販売価格をすぐに確認できることから、汽車報価大全や車市汽車報価といったアプリが人気で、これからマイカーを購入する人や買い替えを検討する層を中心に利用されている。

自動車情報アプリ市場はコンテンツの差別化が進んでいるが、情報がタイムリーで正確かどうか、操作が簡単で便利か、ユーザー体験が良いかどうかの3点が生き残りの鍵を握る。

131217 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

http://www.eguan.jp/2013/12/17/1311andappqc.html

コメントを投稿