2014/01/06

検索エンジン市場規模 3年後には現在の2倍超に

中国の検索エンジン市場の規模は2016年には907.3億元にまで拡大する見通しであることが明らかになった。2013年の市場規模は403.4億元ほどで、2014年以降は毎年平均30%ほどの成長が続きそうだという。

易観智庫の分析によれば、インターネットユーザーの増加が落ち着くことで、検索エンジン市場の成長も以前ほどの成長幅が期待できなくなる。一方で、モバイル検索は更なる発展が期待できるとみられ、特に位置情報サービスとモバイル検索を組み合わせた生活サービスが成長する見通しだ。また検索エンジンはキーワードを入力する従来の方法以外に、音声入力や手書き入力、図形入力など様々な方法が模索されている。今度2-3年以内にモバイル検索の利益モデルは新たな転換点を迎えそうだ。

現在のモバイル検索市場をけん引するのは百度で、根強い人気を誇っている。ブランド認知度はもちろん、百度だけを使い続ける熱心な百度ファンも数多い。その他の検索サービスには360や捜狗などがあるものの、アクセス数が少なく、影響力はまだまだ小さい状況となっている。

131227 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング

http://www.eguan.jp/2013/12/27/0913searchse.html

コメントを投稿