2013/12/31

Androidアプリマーケット 360手機助手がシェア1位

中国の「2013年第3四半期(7-9月)モバイルアプリストア市場監測報告」によれば、同期間中のAndroid向けアプリマーケットの累計アクティブユーザー数は5億人に達し、ユーザー数からみた市場シェア1位は360手機助手で30.4%だった。2位は豌豆莢で14.8%、3位は安卓市場で12.8%と続き、トップ3だけで市場の過半数を占めた。易観智庫の発表。

シェアトップの360手機助手は早いうちに市場に進出したことから、今では初心者用アプリマーケットとして高く認知されている。またセキュリティサービスやブラウザとの組み合わせたサービスで人気が高まり、市場で優位な地位を築いている。2位の豌豆莢は大手インターネットサービスを背景に持っていないが、差別化に成功し新たなユーザー層を開拓した。特にアプリ内検索の評価が高く、アクティブユーザー比率がたいへん高いという特徴がある。

(131127 クララオンライン/アジアビジネスコンサルティング)

http://www.clara.jp/consulting/report/index.htm#eguan_report

コメントを投稿