2013/10/18

中国初の国産ホストコンピュータシステム産業連盟が創立される

国産ホストコンピュータシステム産業連盟が9月27日に北京で創立された。同連盟は中国初のハイエンド領域の産業協同組織であり、垂直方向に共同で産業資源に統合し、中国独自のITサプライチェンを構築し、キー産業の国産化率を高める狙いである。ホストコンピュータは1台が8種類以上のプロセッサのハイエンドサーバをサポートし、情報化建設で核となる重要設備であり、ITサプライチェンの形成と発展は技術プラットフォームにかかっている。2013年の国家科学技術部のハイエンドコンピュータプロジェクトの成果として、中国が自主開発したホストコンピュータシステム―浪潮天梭K1は成功裏にリリースされ、中国は全世界で数少ない同技術を掌握する国家の1つとなり、中国ハイエンドITサプライチェンの形成に確固たる技術基礎を提供した。国産ホストコンピュータシステム産業連盟名誉理事長、中国工学院院士の倪光南氏は、「中国は独自のホストコンピュータ製品があり、独自のエコシステムを形成する必要条件を備えており、独自のエコシステムを確立した後、中国企業は相互にサポートし、協同して強大になり、現在のサプライチェンに依存する必要はない」と述べた。(131004/BOC)

コメントを投稿