2013/10/02

蘇寧電器、従来の小売店事業からクラウドコマースへ競争モデルが大転

伝統的な家電小売企業がイーコマースに参入する過程で変化が出始めている。国美電器が他のイーコマースプラットフォームに加入し、2011年国美電器傘下のイーコマース企業は淘宝商城に加盟した。しかしながら蘇寧電器は完全に相反した方法を採り、蘇寧易购は自己独立した、完全整備された運営システムを採用し、他のプラットフォームには依存しなかった。2011年に国美電器が店鋪拡張戦略を採ったのと比較して、蘇寧電器は“電器化”の方法で改革を選択し、1級都市での店舗調整を含み商品の種類を拡大し、2、3級都市、更には4級都市を深耕した。蘇寧クラウドの董事長の張近東氏は先日開催された弘毅投資2013世界年次例会において、小売業の将来発展する方向はインターネット販売であり、蘇寧もモバイルネットワーク店鋪を推進していくと述べた。オンライン、オフラインの小売りプラットフォームが全面的に開放されるに従って、消費者のポケットの中でのスマートフォン、客間でモバイルネットワーク設備、全て消費のツールになって、最も便利な“商店”になるという。ネット商が次から次へと湧き起こる背景の下、蘇寧対国美は似ている戦略もある。国美電器のオンラインCEOは、国美電器のイーコマース業務の“電器化”は、オンライン、オフラインの両方を強化していくという。前関係高官によれば、2013年下半期にいくつかの重点都市で試験“O2O”を行い、国美電器のオンライン商品は店鋪で陳列され体験できるという。(130928/BOC)

コメントを投稿