2013/10/10

◆COMPUTEX2014会期決定 2014年6月3日(火曜日)~6月7日(金曜日) 台湾/台北

----------------------------------------
主 催:台北市コンピュータ協会(TCA)、台湾対外貿易発展協会(Taitra)
会 期:2014年6月3日(火)~6月7日(土)
時 間:午前9時半~午後6時まで(但し、最終日は午後4時まで)
会 場:台北世界貿易センター(信義区4会場)、南港ホール(南港地区)
出展規模:1,800社、5,300小間
来場者数:来場者総数13万人/外国人バイヤー登録者3万5,000人
※2013年実績:バイヤー登録者169か国から3万5,743人
----------------------------------------

◆COMPUTEX2014 5つの注目ポイント

1)出展企業数は1,724社(2013年実績)、出展規模、5,042小間(2013年実績)、前年比9%成長で過去最高規模にて開催。2008年から南港(NanGang)ホールが加わり、従来の信義会場(世界貿易センター)と南港会場と2か所5会場で実施。

2)来場者総数13万0,013人、うち外国人バイヤーは173か国から3万8千人がバイヤー登録。これだけの外国人バイヤーが集まる展示会は、アジアでは最大規模。世界的にも見てもCEBITに次ぐ世界第二位のITトレードショウ

3)来場者の目的はその年の「クリスマス商戦」における製品買い付け。6月のCOMPUTEXに製品が出揃い、夏から秋に
向けて量産、クリスマス商戦に向けて製品が良妻MPUTEXで決まると言われている。

4)第3ホールには展示会のトレンドがわかるテーマビリオンが出展。Smart Technology Applications & Products パビリオンでは10のテーマで技術提携や共同開発パートナー探し、海外の代理店/販売提携先探しなど、注目のエリア。

5)もうひとつのトレンドを知る方法はCOMPUTEX Award Best Choice受賞製品をチェック。会期直前に受賞製品がネット上で発表になる。視察前、事前にアワードエントリー製品と受賞製品のチェックをしておくことをお勧め。


※COMPUTEX公式サイトでは常に最新の製品情報を掲載しています。こちらのサイトをご覧ください。
   ↓

http://www.computex.biz/

コメントを投稿