2013/10/06

ソニー、Googleサービスに対応した Bravia Smart Stickを発表

米Sony Electronicsは、“BRAVIA Smart Stick”「NSZ-GU1」を現地時間18日に発表、発売を開始した。直販サイト価格はUS$149.99である。BRAVIA Smart Stickは、2013年モデルのソニー製テレビを簡単にスマート化できるデバイスであり、背面のMHLポートに本機を接続して使う。Google Chromeブラウザを使ったFlash動画視聴やNetflix /Pandora/Amazon Instant Video/YouTubeなどの視聴が可能である。8GBのフラッシュメモリ・ストレージを内蔵しており、Google Playからアプリをインストールして使うこともできる。本機のユーザインターフェース(UI)はGoogleとソニーのBRAVIA appsとシームレスに統合されており、総合メニューから各アプリのメニューを選択可能できるなど、利便性が高くなっている。またPinP表示にも対応している。それぞれで番組をザッピングしたり、テレビをみながらFacebookやTwitterに投稿したりすることも可能である。タッチパッドやバックライト付きのQWERTYキーボードを搭載し、音声操作にも対応したユニバーサルリモコンがバンドルされている。(130923/BOC)

コメントを投稿